リング禍


プロレスの試合中に、選手が深刻な負傷や障害を負い、最悪の場合死亡に至る事故を指す用語である。

2009年のNOAHにおける三沢光晴選手のバックドロップを受けてのリング禍が代表事例。