ロックアップ


レスラーがリング中央でがっちりと組み合うこと。主に試合序盤の攻防として用いられる。

日本語では「手四つ(てよっつ)」とも言う。基本的な動作であり正しいやり方もある。