手四つ(てよっつ)


レスラーがリング中央でがっちりと組み合うこと。主に試合序盤の攻防として用いられる。

ロックアップと同義。プロレスにおける基本動作の1つ。