第0試合


アンダーカード」「ダーク・マッチ」と同義。

スタイルの違いなどの理由から、団体が公式戦として認定しない特別試合。

団体側は、試合の場を提供するが責任は持たないという意味合いで定義する。試合順は第1試合の前とは限らない。

新日本プロレスにおける大仁田厚絡みの電流爆破デスマッチ(蝶野正洋戦、グレート・ムタ戦、長州力戦)などが代表例。