メイ社長

【特報】新日本プロレス、メイ社長の退任を発表


新日本プロレスは、2020年9月29日(火)開催の親会社である株式会社ブシロード(以下:ブシロード)の取締役会において、代表取締役の異動が決定したと発表しました。

本代表取締役の異動につきましては、2020年10月23日開催予定の新日本プロレスの第50期定時株主総会及び同総会後に開催される取締役会における決議を経て、正式に決定される予定とのことです。

異動詳細

①新任代表取締役
大張高己(新役職:代表取締役社長)

②退任代表取締役
 ハロルド・ジョージ・メイ(現役職:代表取締役社長兼CEO)

新任代表取締役の大張高己氏の略歴

●生年月日
1974年8月15日生

●略歴
1997年4月 日本電信電話(株)入社
2018年12月 (株)ブシロード入社 執行役員(現任)
2019年1月  当社出向 経営企画部長(現任)
2019年11月  New Japan Pro-Wrestling of America Inc. CEO(現任)

ファンに愛されたメイ社長

メイ社長は、2018年6月のDOMINION 6.9 in OSAKA-JO HALLで鮮烈なデビューを果たしました。

最初は「外国人社長」「海外贔屓」と批判するファンの声もありましたが、ユーモラスな性格や日本人よりも上手な日本語での発信によって、日に日に批判の声は小さくなっていました。

そして、
・親会社であるブシロードの上場
・過去最高売上高の達成
・史上初の東京ドーム2連戦の実現
・アメリカ法人の立ち上げ

などわずか2年半で数々の偉業を成し遂げて、メイ社長は知らぬ間に新日本プロレスになくてはならない百戦錬磨の社長となっていました。

直近では新型コロナの影響で苦戦を強いられる中、選手やファンを第一に考えた運営方針で安心感を与えていました。

ですが、ついにお別れの時が来てしまいました・・・。

新代表は元ブシロードの企画部長で現在新日本プロレスアメリカ法人のCEO

メイ社長の後任は、既に新日本プロレスのアメリカ法人の社長として辣腕を振るっている大張さんです。

NTTからブシロードに転職をし、企画畑で鍛えた発想を武器に、現在は新日本プロレスアメリカ法人(New Japan Pro-Wrestling of America Inc.)の代表を務めています。

40代という経営者としてまだまだ若く力強いニューリーダーの誕生をファンとしては応援したいと思います。

メイ社長、ありがとうございました!

メイ社長へのファンの言葉は「ありがとうございました」だと思います。

次のご活躍の続報を楽しみに待ちながら別れのブログを噛み締めたいと思います。

https://www.njpw.co.jp/freediary/harold-george-meij87