新日本プロレス AEW

新日本プロレスとAEWの今後の関係性 〜メイ社長退任後の行方〜


メイ社長の退任は今月23日

新日本プロレスのメイ社長の退任が先月末発表されました。正式な退任は今月23日となり、残りわずかの任期となりました。

メイ社長が退任することで、国内外で改めて大きく注目を集めているのはAEWとの関係性です。

メイ社長とAEWの因縁

あくまで噂ベースですが、AEWへと移籍した選手の多くが、メイ社長の外国人レスラーの扱いについての不満が大きな理由の1つであったとされています。

その後も、メイ社長の任期ではAEWとの提携の噂は出ては消えの状態となり、いよいよ最後まで目に見えた提携はないまま終わりを迎えようとしています。

こちらも噂ベースですが、メイ社長はAEWの存在について懐疑的(否定はしないがまだ信用もしていない)であり、またAEW側もメイ社長の存在によって交渉に難色を示していたとも言われています。

望むような待遇を受けずに離脱したAEW選手たち、就任早々出鼻を挫かれるように大量離脱されたメイ社長・・・双方の溝が浅くないことはファンとしても想像ができます。

未来を暗示するかのような棚橋弘至選手の動画

そんな噂が飛び交う最中、10月7日(米時間)に開催されたAEWによるクリス・ジェリコ選手のデビュー30周年の記念大会で、棚橋弘至選手がビデオメッセージで登場しました。

そしてその背景にはわざと?新日本プロレスのライオンマークが・・・!?

AEW公式ツイッターより

30周年というお祭りなので、因縁関係なく限定的に交流があるようなことはプロレス団体にはあることですので、これだけで今後の未来を予想するのはオーバーかもしれませんが、メイ社長の退任のタイミングと重なることから、今後の動きに注目が集まります。

新社長の大張さんは、新日本プロレスアメリカ法人の代表を務めていたことから、アメリカの事情についても熟知されていると思いますので、なにか動きがあるかもしれません。