新日本プロレスワールド 会員数

新日本プロレスワールドの有料会員数は過去最高の約11万人に!(決算は先行投資で1.5億円の赤字)


2020年12月15日に新日本プロレス親会社のブシロードが、2021年6月期 第1四半期決算を発表しました。

決算自体は先行投資で赤字

売上高8,971,988千円(前年同四半期比8.0%増)
営業損失82,757千円(前年同四半期の営業利益1,203,259千円)
経常損失93,457千円(前年同四半期の経常利益1,224,075千円)
純損失154,620千円(前年同四半期の純利益642,447千円)

上記の通り売上高は増加したのですが、先行投資が重なり1.54億円の赤字という決算でした。

ただプロレス事業に関しては明るいニュースもありました!

新日本プロレスワールドの有料会員数は過去最高の約11万人に

説明不要の新日本プロレスの動画配信サービス「新日本プロレスワールド」はついに過去最高の11万人まで増加したそうです!

前年同期比では売上高は減少したものの、新日本プロレスでは大型大会「G1 CLIMAX 30」を開催し前四半期比では大きく改善いたしました。動画配信サービスの提供のニーズが増加傾向にあり、新日本プロレスワールドの有料会員数は過去最高の約11万人まで増加

ブシロード2021年6月期第1四半期決算説明資料より

飯伏幸太選手の連覇で幕を閉じたG1 30も非常に利益貢献したことが伺えます。

ドーム2連戦、大田区記念体育館での旗揚げ興行などビッグマッチも続々と決定しており、新日本プロレスはコロナ渦中でも順調に成長していきそうです。